ロゼレム錠8mgはいつ飲む!?飲み始めの時間

睡眠薬によっては薬が効き始める時間とかもそれぞれ違いますよね。

やはり体質とかもありますから、ある程度のみ続けていたら自分なりの飲む時間ってのも見えてきます。

 

私がロゼレムを最初に飲んでいたときは、就寝1時間前。

しかしロゼレムを服用して2週間くらい経った頃でしょうか。

 

眠りに付ける時間が段々と短くなってきたんですね。

最初は1時間前に飲んでも、実際眠るのは1時間30分後とか・・・・

今では就寝30分くらい前にロゼレムを飲むようにしています。

 

これはやはりロゼレム服用暦も関係しているようで、ロゼレムはその場しのぎの睡眠薬とは少し違います。

ある程度飲み続けることで体内時計が正常化されていくので、この飲む時間はその人のロゼレム暦なども関係してくるでしょうね。

 

初めて飲むときは30分前~1時間前あたりがいいのかな?

あと服用方法ですが、絶対に水かぬるま湯で飲むようにしてください。

 

他の睡眠薬とは違ってロゼレムは依存性もないといわれていますが、それを軽視してアルコールや牛乳、お茶などで飲む人も結構いるらしいんですね。

私たちが思っている以上にこの飲みあわせって、気をつけなくちゃいけないんですね。

 

飲み合わせが悪いと薬が思ったよりも早く溶けてしまったり、その逆で中々溶けなかったりってのもあるんです。

 

薬も慣れてしまえば軽視しがちですが、それは本当に危険なので絶対に水かぬるま湯で飲みましょう。

睡眠薬って、調べれば調べるほど怖い一面もあります。

 

安易な服用は危険なのでそれは気をつけましょう。

あと眠っている時に途中で起きちゃう方。

 

そういう方がやりがちなのが、ロゼレムを多く服用してしまうケース。

 

これも絶対に行わないようにしてください。

途中で起きてしまう人は、医師に相談すると他の薬が処方される場合もあります。

それを勝手な判断で服用量を増やすと、健康被害が出る恐れもあります。

 

まぁ診察の時に、眠っていて夜中に目が覚めるなどの症状を伝えれば、そもそもロゼレムは処方されないんじゃないかなとも個人的には思います。

ロゼレムは入眠導入剤なので・・・

 

この投稿は2016年5月4日に公開されました。

ロゼレム飲んだら朝起きれないはちょっと違う

ロゼレム錠8mgはきつい睡眠薬とは根本的に作りが違います。

あくまで入眠導入剤なんですね。

眠ってしまえばそこそこ眠れる

 

途中であまり起きる事がない。

そんな症状の方にロゼレムは医師から服用される傾向にあるようです。

その理由も調べてみれば納得で、メラトニンに働きかけて自然と眠たくする。

それがロゼレムの主な主作用です。

 

なので睡眠薬の中ではきわめて作用時間も短いんですね。

(作用時間とは簡単に言えば、薬がどの程度効いて来るのか。薬の効果が切れるまでの時間みたいなもの。)

 

作用時間が極めて短いロゼレムですが、たしか2~3時間程度だったと認識しています。

 

入眠導入剤ですから、作用時間が短いってのも納得。

そういった理由から、ロゼレムを飲むと朝起きれなくなるっていうのは少し違いますね。

 

断言は出来ませんが、私の場合は朝の寝起きはロゼレムにしてからかなりよくなりました。

 

それまでマイスリーやハルシオンなどの有名所の睡眠薬も服用していた時期もありましたが、それらとは全然違いました。

朝の寝起きはだいぶマシ。

ですが今までの強めの睡眠薬とは違い、ロゼレムを服用し始めて最初の頃は寝つきもそこそこ悪かったです。

 

でもロゼレムはある程度継続して服用する事で、人間の体内時計を正常化してくれる働きもあります。

なので最初のころはイマイチでしたが、ある程度継続して服用した事で少しずつ自然な眠りに入る事もできるようになってきました。

最終的には今飲んでいるロゼレムを飲まなくてもいいようにする。

これが私の目標です。

やっぱり薬って飲まないに越したことないと思うんですよね^^:

 

この投稿は2016年5月3日に公開されました。

ロゼレム錠8mgをアルコールと一緒に飲んだらどうなるの!?

ロゼレム錠8mgは自然に眠りにつける睡眠薬です。

私は以前まで強めの睡眠薬などを服用していましたが、そういうのって作用時間が長かったりするんですよね。

 

次の日起きてもずーーーっと頭がボーっとしている。

そんなのは日常茶飯事でした。

午前中は基本的にずっと眠くて眠くて・・・

 

でも飲まないと眠れない

 

そんな状況だったんですね。

そこでロゼレム錠8mgにしたんですが、私にはこれがあっていました。

これは個人差があるので、あくまで私の場合です。お気をつけ下さい。

 

そして私と同じように睡眠障害がある方。

たまーにブログなんかを見ていますが、睡眠薬が効かなさ過ぎてアルコールと一緒に飲んだりしている人もいます。

 

アルコールは確かに飲めば眠りにつきやすくなりますが、睡眠の質自体は低下しているって知っていましたか?

眠っているつもりでも眠っていなく、すごく非効率な時間を過ごすんだそうです。

気持ちはわかります。

 

眠れないって本当につらいんですよね。

私も夜にアルコールを飲んで、布団に入る30分くらい前に(ロゼレムではないが)薬を服用したりした事があります。

直接一緒に飲んだわけではなく、時間差はあしましたが胃にアルコールは残った状態っちゃ状態。

 

眠りに入りやすいイメージはありましたが、次の日起きたときの気分が最悪っていったらないこと・・・

眠りたいのに眠れない。

睡眠薬が効かない。

そんなつらい日々のが来ると、ロゼレムと一緒にアルコールのみたくなる気持ちもわかります。

 

ですがそれは本当に危険な行為であり、絶対にやっちゃいけないんですね。

私も今ではもうそんな馬鹿な事はしていません。

眠りにつきたいって思ってロゼレムをアルコールと一緒に摂取しても、ひと時の眠りが永遠の眠りになってしまう可能性もあります。

 

ひどいケースだとこん睡状態に陥る可能性だってあるんです。

幸いロゼレムは依存性もなく、他の睡眠薬とは違ってその場しのぎの薬ではありません。

日々の生活習慣を改善するよう自分自身生活の中でちょっとした工夫を取り入れて下さい。

 

昼間にがんばって運動するなど。

こういう地味な事が一番大事だったりするんですよ。

 

この投稿は2016年5月2日に公開されました。